FC2ブログ

6月23日は「5の5会」!ゲスト大沢摩耶さん

どうも、囲碁アートの関です。

久しぶりの更新となりました。
今月23日の日曜日、

「5の5会」

という囲碁のイベントがあります。

5の5会大沢さん

場所・初台囲碁クラブ(京王新線初台駅徒歩5分)
参加費 3000円(高校生以下は1000円)
13時半~17時半 

今回でもう6回目になります。始めたのが昨年7月だったので、ちょうど一年くらいですね。

囲碁をことばにするお仕事、囲碁インストラクターのかたを毎回お呼びして、解説しながら真剣勝負をする
というあたらしい形を作っています。

今回のゲストは大沢摩耶さん (クリックで大沢さんのブログへ)

いわずと知れた?チャンピオンです。
先日、団体戦を一緒に組む機会があり(5人一組のオールアマ団体戦。3位でした)
ぜひ次の5の5会に!!! ということでお願いしましたところ、ご快諾いただきました。

まだ勝負したことはないな・・・と思ったら、わたしが高1くらいのときに一度二子局で教えていただいたのを思い出しました。
負けた気がするので、リベンジしたい気がします。笑
5の5という武器を得て、恩返しができれば!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基本的に、わたしは他の人の碁がわかりません。

子供のころから棋譜並べが大好きで、暇さえあればずっとやっていたのですが
「どんな気持ちで一手が打たれたのか」
もしかしたらこういうことか?というのはあっても、ハッキリとわかる瞬間って全然なかったです。
大人になって理解度が増してきて、ちょっとは見えてきた気がするのですが
でも「自戦解説」を見てみると、ぜんぜん予想と違ったりします。
自分よりずっと強い人の碁だと、なおさらそうです。

なので、棋譜にはその人の言葉が欲しいと常々思っています。
第三者でもできる手の解説ではなく、誰にもわからない主観のところ、
一手を選ぶときのプロセスが欲しいのです。

5の5会の「解説しながら対局する」という形は
それをもっとも手っ取り早い形で、リアルタイムで
見てる人が「わかる」ようなものにしたいと思ったのです。
自分が解説するときには、読みを見せるのも大事ですが
主観とか気持ちとか、そういうことを重視しています。

毎回のゲストは、わたしが「知りたい」と思う人を呼んでいます。面白い人・面白い碁ばかりです。
面白い会にしますので、ぜひぷらっとお越しください~~ご予約不要ですので。



最近はnote
https://note.mu/igoart (せきしょういち)
のほうに文章をちょくちょく書いています。深夜に。

そしてyoutube「踊る囲碁アート」
新しい動画の
「囲碁を打つと動く!?囲碁アートを解説【桜の木】」

おとおいアップしました。よろしくどうぞ!
スポンサーサイト

マニアフェスタ×東急ハンズ新宿

こんばんは、囲碁アートしてます関です!

ゴールデンウィークは毎年いろいろ動いていまして、毎日次々に何かが起きるようにしています。

今回は

マニアフェスタ

東急ハンズ
に登場!

2月の秋葉原でのイベントに続き、囲碁アートの関も参加させて頂いています!


ついに囲碁アートに東急ハンズの値札がついた!!!
5月7日、つまり明日までやってます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「めんたいこ」
「シャッターの写真」
「歩行者天国」
「店先のぬいぐるみ」
「空想の地図」
・・・・・

普通おもいつかないような視点でものを見て、それを一直線に愛してやまない人々が集まっています。

めんたいこが好き、のその先に行き、都内のめんたいこマップを作ったり
シャッターの風景が好きだから、それを写真集にしたり
歩行者天国に何かを感じ、大学で研究して冊子をしたり
店先のぬいぐるみの意味って何?という感覚から写真を撮ったり
地図から何かを読み解き、その感覚を活かして自ら新しい街をつくったり

ただものじゃねえ・・・

東急ハンズに行ってみなさんに会うと、目をキラキラさせて語ってくれます。
出店してる身ですが、彼らのファンなのです。

そんな私は囲碁で互角になってる絵をかいてたり、囲碁で計算機を作った冊子を売ってます。目をキラキラさせて語ります。


明日までなのが切ない、ずっとやってて欲しい・・・
次は9月にマニアフェスタが秋葉原であるそうです。
新商品を作って乗り込みたいな。

ぜひ新宿の東急ハンズに来てください~~



最後に自分らのユーチューブの動画を宣伝
!!
まだまだひよっこですが、自分たちにとっての囲碁を表現しようと思ってます。ワクワクする動画を作っていきます。

踊る囲碁アート

近況報告。(ユーチューバーになる等)

こんばんは関です!

ばたばたしてます。花見をするひまもないくらい。。

手短ですが、近況報告を!


・先日の「5の5会」
盛会となりました!
お越しくださった皆さん、ありがとうございました。

対局のほうは、今回はじめて私が白番に!
「白でも5の5って打てるんですか?無理でしょう??」

とよく言われるのですが
わたしは全部の対局「5の5」から始めますので、ご心配なく!

非常に5の5らしい碁に持ち込むことができました。
相手の伊藤裕介さんとは度々囲碁の相手をしてもらってますが
戦いに強くて、最後に勝ちを引き寄せる力がものすごい・・・
いつも苦戦している相手です。

しかし今回は序盤からリードして、パンチしてノックアウトしたような勝ち方をすることができました。
解説しながらでお互い大変でしたが、面白い会に出来たんじゃないだろうか。
また打ちましょう!!



・ユーチューバーになりました。

「踊る囲碁アート」

インストラクター・囲碁アーティストの私、関と
同じくインストラクター、井場くんと
JKじゃない人、JK(Juntaro Kobayashi)

という三人組で、ネットで動画を作っていくことに決めました。
現在2本、動画があがっています。

サムね候補1

最新のほうでは囲碁の勝負をして、
囲碁がわからなくても、なんだか分かっちゃうような
すごい解説をすることを目指しました。

おそらく、しばらくはこのチャンネルにつきっきりになりそう。
囲碁を打ったり、アートを描いたり、踊ったり、面白そうなことだったらなんでもやります。
三人それぞれやりたいことがあるけれど
私は、囲碁がいろいろな新しい姿になるのが何より楽しみです。
動画という新たな挑戦をして、どんなものができるのか・・・

ぜひ私の動いているところを見に来てください。笑


・新宿の東急ハンズで、囲碁アートを売ります、見せます。

マニアフェスタ

先日、2月に出展しました、マニアフェスタが東急ハンズとコラボ!
新宿高島屋のところの「東急ハンズ」の2階の売り場で
4月23~5月7日
の期間で、いろいろなマニアの人のブースが出ます。

わたしの囲碁アートは5月1日~5月7日
毎日は居れないんですけれど(1,2日くらいかもしれない汗)
いろいろな絵を持って行くつもりですので、お近くに寄られた方はぜひ!
お店がやっている時間ならば観れるかと思いますので~~


駆け足でしたが、それぞれまたブログでゆっくり
振り返れたらいいなと思います。
ではまた!!

4月7日は5の5会です!!(ゲスト伊藤裕介さん)

こんばんは、関です。

ブログがごぶさたになっちゃいました。  
実は今、水面下であるプロジェクトが進行中です。
明日あたり発表できると思いますので、ぜひお楽しみにフフフ


さて、今日は3月31日・・・なんと私の誕生日でした!
29になりました。
20代がついに最後の一年間、
色々楽しくなってきたので、まあ、あまり気にせず頑張っていこうと思います笑

そんな29歳に立ちはだかる、最初の対戦相手

「5の5会」で伊藤裕介くんと対戦します!

5の5会 チラシ 静かめ 緑2月4月

初台囲碁クラブにて、13時半~17時半
対局しながら、なんと打ってる二人が解説もしちゃうという、新しい楽しい観戦会。
もう5回目なんですね~。
終わった後には、対局者2名による指導碁(多面打ち)も。

今回のゲストは、同じ埼玉県繋がりで最近よく対局させてもらっている伊藤くんです。
お兄様とともに、中野坂上の囲碁サロンたつみ 
月曜・木曜の席亭・師範を担当されています。
ウェブサイトはこちら!
毎回更新のFacebookページはこちら!

10代のころは棋士を目指し院生で研鑽を積む。
20代となっても実力は伸び続け、ついにアマ本因坊戦の全国ベスト8に!
そういえば僕のほうが分が悪い。頑張らねば。
指導のほうも、入門~高段まで、的確・優しい指導で人気です。

棋風(碁のタイプ)は、実はまだあまりつかめていませんw
オールラウンダー、万能のような気がするのですが、戦うべき所はほぼ必ず戦う。
気合いが良い印象があります。
今回の5の5会は、自分の脳内を出しながら打ってもらいますから
私もその内容を知りたいところです笑

そして私は戦ってないと気が済まないし、
わたしの「5の5」の大きなスペースに入ってくることになりますから
まあ、今回もヨセまで行くかどうか
そこが個人的には大きなポイントです(過去4局すべて中押し、激しい展開に)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

彼のお兄さんともども、仲良くさせてもらってますが
それというのも、普通に囲碁を打っただけでなく。
私の囲碁アートを早くから注目してくれた、ということがあります。

もう2年くらいになるでしょうか、まだまだ絵をかき始めて間もない頃から
二人にはすごく見てもらったですね。
子供教室に招待してもらって、囲碁アートを描く会をやったりとか(・∀・)

囲碁で面白いものを作ろうとしている同志として
5の5会、面白い会にできたらいいと思います!
会場広いですし、ご予約不要ですので
ぜひ初台にぷらっと、お越しください~~


日経の記事の「ワイン」作品について(3月8日朝刊)

こんばんは関です!


ついに!!

先日3月8日の日本経済新聞の朝刊、文化面に

「囲碁アート」の記事が掲載されました(・∀・)


囲碁アート 互角の妙手

↑日経新聞社のサイトより、登録(無料もあります)することで読めますので、よろしければぜひお読みください!


そろそろ囲碁アートを始めてから3年になります。
作った作品数がだんだんわからなくなってきました。
400はあるはずです。

たくさんの方に支えられて続けて来れました。
あらためて、ありがとうございました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の記事は、考え得るかぎり最も素晴らしい形となったように思います。
最後、締めのところは
「芸術的にさらにクオリティを高めたい」(大意)
という、いちばん私が思っていることを載せて頂けました。
ただただ、良い・面白いと思えるものを追求していきたい、という囲碁アートに対するスタンスを、余すところなく書いて頂けて嬉しかったです。

作品もふたつ
「WINE」
「桜」
を、写真付き(なんとカラー!)で
ともに、囲碁をすると絵が動き出す作品として私が猛プッシュしたものです笑

tu.jpg
(代表作、ワイン)

この形から黒番でふつうに囲碁を始めると、互角の勝負になる。
コミ6目半で、半目勝負となることを目指して陣地を調整して完成しました。

黒の一手目、どこに打ちますか。
ヒントはワインの黒石を飲みたいところ!


wineko.jpg
(両アタリでワインを飲める)

黒1、ここに目が行った方はすばらしい!
「両アタリ」という、石取りのテクニックです。
「次に囲んで白を取るよ」っていう「アタリ」を、同時にふたつの石にやっちゃうわけですから
ぜったい、どちらか一個は取れるというシステムですね!
将棋で言えば「両取り」にあたります。

白2で片方を助けたら、遠慮なく黒3でポンと取っちゃいましょう。
そうすると・・・ワインがグラスの外へ出て、「飲めた」という動きになるのでした。


最近は、この「19路盤」ではなく
もはや石を並べられない「100路盤」とか、すごく大きい作品を頑張っています。
しかし、囲碁アートは絵の見た目だけでなく、実際に対局をしてこそ味わえる、囲碁としての中身があるものです。
そういう意味で、今観たらコンパクトなこの作品。わたしの中ではすごく特別です。

さらにおもしろい表現をこれからも追求したいと思います!