FC2ブログ

囲碁で計算機を発明したはなし

こんばんは、関です。

12月2日に「5の5会」
大盛況となりまして、来て頂いたみなさんありがとうございました!
ゲストの笹子理紗さんとの対局に向けて、当日まで緊張を高め
いっきに力を出して、なんとか勝つことができました。
内容も「5の5」っぽい布石、中盤戦になり
自分のスタイルをよく出せたのではと思います!


そして終わってビールを飲んだ瞬間、すべての張りがゆるんで
今日の今日まで、だらんと過ごしてまいりました笑
(もちろん日々のお仕事は通常運転ですよ)


その間にもアートの新作をちょっとずつ、作っていたのですが
ある日、新しい発明をすることができました!!

まずはこちらをご覧ください・・・(クリックでツイッターに飛びます)

囲碁で計算機を作りました!
1~3の足し算(1+1から3+3まで)を行うことができます。
黒番でアタリに突っ込み、白が取ることで計算するシステムです。
上段Aが1 Bが2 Cが3を入力する場所です。

3枚目は「1+3」を実行した例
この図で対局結果を確認すると白4目勝ちとなり答えが出ます。

DuYbSt1VsAApRPY.jpg
DuYbUMkVYAAbBVc.jpg
DuYbVnUUYAEAMTv.jpg


・・・
いやあ、思いついちゃって・・・
たぶん今まで無かったのではないでしょうか。
囲碁をシステムとして、足し算をする機械を作りました。

そもそもは、こちらの動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm27235148
【論理演算】マリオメーカーに「3+3=6」を計算させてみた

に、いたく感動してしまったからでした。

テレビゲーム内のギミックやキャラクターの動きをうまく使って、
足し算をしたり、かけ算をしたり
果ては○×ゲームのAIを作ったり・・・
しらないうちに、すごい世界ができあがっていました。

これはもしや、囲碁でもできるのでは・・・?
と考え出したら、夜も眠れず
最初の足し算の盤面ができたのでした。

引き算もできるバージョンも昨日完成しました。



「君はどこに行くんだ」と最近何回か言われたのですが
僕にもわかりません
見守っていてください

つねづね思っていることではありますが
囲碁にはまだ、われわれの知らない一面が
ゴロゴロ転がっております
自分が生きる限り、それを見つけて行ければなと
思ってます!
スポンサーサイト

マニアックヨセ講座 その1 ~分数に萌えよう~

※ 本記事は、あなたの実力向上や勝率アップに貢献することは、たぶんないはずです。
「こんな人もいるんだなあ」くらいに思っといてください。


「無限」というものには、2方向が考えられます。
「無限大」と「無限小」です。

無限大はイメージしやすいところで、宇宙が際限なく大きく、「果て」というものを考えることが不可能です。
だって無限大ですからね。

無限大には人間はぜったい届かないから、じゃあ、自分の手で触れるものくらいはちゃんと理解しよう。
と、思った矢先、もうひとつの無限が登場します。「無限小」です。
17世紀のフランスの哲学者、パスカルはこう言っています。
「無限のなかにおいて、人間とはいったい何なのであろう。」

「・・・その知る限りのなかで最も微細なものを探究するがいい。一匹のだにが、その小さな体のなかに、比べようもないほどに更に小さな部分、すなわち関節のある足、その足の中の血管、その血管の中の血、その血の中の液、その液の中のしずく・・・(以下略)」
「彼はその中に無数の宇宙を見、そのおのおのがそれぞれの天空、遊星、地球を、・・・・そしてついにはだにを見るがいい。」
(『パンセ』、前田・由木訳 中公文庫 43頁)

人間より小さく、目の前にあるものの中にさえ、人間が絶対に到達できない無限があることを、パスカルが良い感じで語ってくれています。


さて、囲碁はどうでしょうか。
碁盤には宇宙の果てがあって、はしっこの線がありますから、無限ではありません。
でも、碁盤の広いこと広いこと。とても全ては極め尽くせない、と思わせるには十分ですね。
人間にとっては無限大に等しいです。

では、確実にわかるところから始めよう。
と思い、「この一手は数字にするとどれくらいかな」と数えたときに・・・

すごい世界が広がっていました。




白を三つ取る黒1,つなぐ白2は、後手3と6分の5目。



隅っこの地をとる黒1,白2は、後手13と24分の11目。



この状態で、黒が切りを打って白が押さえると、それだけで
白地を8分の1目だけ減らせる。


あれ、囲碁って最後、整数で数え終わる(78対76みたいに)はずですが・・・
一見、整然と見える碁盤の下のほうには、どろどろした分数の沼が広がっていて
何気ない一手が、隠れてすごい数字だったりする。
どうですか?萌えませんか?
大事なのは萌えです。
無限小のほうに体をむけて、分数の世界を探究していきたいと思います。

・・・続く 多分