FC2ブログ

なぜ解説しながら対局するのか。(7月15日・5の5会)

こんにちは関です!

7月15日(日)、初台囲碁クラブで「5の5会」
ついに一週間前くらいになりました。

毎回、ゲストのインストラクター(強い人)と
わたし関が公開対局、囲碁で勝負をして
どうじに、打ちながら自分たちで解説をする
という新しい形です。

初回は井場悠史さん(今年のアマ名人東京代表、さらにすごい実績も手にしたとか)
二回目、9月23日(日)には宮本舞さん(元院生)

院生をやってた人に、しかも都の代表まで・・・
関先生、大丈夫だろうか。けちょんけちょんにされないか。
しかもこの人「5の5」しかやらないとか言ってるし・・・

どうなるか、やってみないとわかりませんが
最近は囲碁アートのイメージしかない私、実は大会も
赤旗名人戦全国優勝2回というものがありますので
うん、大丈夫大丈夫・・・・と自分を鼓舞して
いま猛勉強してます。笑


しかし、なにもかも初めての企画なので、緊張しますね~~
うまく言葉にしたいと思うのと、そもそも
良い碁を打って楽しんでもらいたいですから
普段の対局以上に手が震えそうです。笑

~~~~~~~~~~~~

「公開対局」ってみなさん、見たことありますか?
たびたびイベントなどで、プロの先生同士や
アマチュアチャンピオン、有望な少年少女など
席上で対局して、同時に解説する棋士の先生がいる。
そんな形で、昔から親しまれてきたものですね。

こんかい、私たちは新しい形をとります。
「公開対局しながら、自分たちで同時に解説する」
なんでこのイベントをしようと思ったのか、いくつか考えたことを書きたいと思います。


1 自戦解説はおもしろい!

囲碁の解説は大きく分けて2種類。
ほかの人が解説するか、自分で解説するかです。
いま主流なのは前者で、第三者が客観的に内容を語るものです。
じっさいに対局しているといろいろな感情が混じりますから
ちょっと離れてみている人のほうが、すっきりと伝えられるメリットがあると思います。

しかし、わたしは「自戦解説」のほうが好きです。
その人がどう思ってここに打ったのか、どんな景色を見ていたのか。
良い手か悪い手かは、研究しだいでほかの人にもわかりますが
一手に込められた、なにか別のもの
そこにすごく惹かれます。
一局の碁をその人の作品とするならば
わたしはその人の言葉と一緒に、一局を眺めたいと思います。
打ちながら自分で解説すれば、より一局の物語を
味わえるのではないか、と期待しています。


2 二人でやれば、さらに面白い!
 
そもそも、囲碁は二人で打つもの。
一局の碁は二人の作品と考えられるべきでしょう。
そして向かっている盤と石の形は同じでも、考えていることはぜんぜん違うものです。
一局をより深く味わうには、両者の見方を知れたら最高です。
今回は、同時に解説ということで
一方の人は耳をふさいで、聞こえないようにして・・・・笑
DhZVh5TXUAAi0h7.jpg
井場悠史(無音状態)

違う二つの視点から、一局の碁を見ていただくことになります。
どのあたりが違うのか、あるいは同じなのか
5の5を打つ人の視点とは。打たれた人の視点とは。
くらべてみると面白そうだと思いました!


3 自分の碁について言葉にすると、勉強になる!

ぜひ試してみてください。
ご自分が打った碁を、どんな考えで打ったのかを
しゃべったり、ノートに書いてみると良いと思います。

これはインストラクターの人は実感している方も多いはずですが
囲碁を言葉にすると、強くなることが多いです。
わたしは間違いなく、インストラクター5年してきて
ちょっと腕が上がったと思います。とくに布石。
思考が整理されるのが、とてもよかったのです。

囲碁は人間の頭では正解を導くのが難しい場面が多い、あいまいなものですが
それをいかにシンプルにして、うまく考え方を見つけるか
というのがとっても大切。
わからない局面のときに、余計な思考を排して
すっきりとした道筋を見つけやすくなります。
囲碁をどう言葉にして、じっさいの一手につなげるのか
井場さんはそこがすごく上手い先生ですし
何か、ヒントになるものを一緒に提供できればうれしいです!

あと、打ってる自分たちもたぶん勉強になるでしょうね。


自分の実際の対局が
「アート」に相応しいものになって、
来ていただいた皆さんに楽しんでもらうのが目標です。

暑い夏、ぜひ涼みながら
見に来てください~~


スポンサーサイト

普通(?)の囲碁の会 「5の5会」やります!!

こんにちは!
5の5使い、関です。

最近はすっかり囲碁アートの人になっていたので
そもそも囲碁は、何もないところから始めるのが一般的
という事実に恐れおののいています。笑


ところで、私は「5の5」使いです。
あらゆる勝負の場、つまり公式戦・練習の碁、置き碁だったとしても
かならず5の5を使います。

5555555.jpg


ぜんぶ5の5って人は自分以外に歴史上いたかどうか怪しい。
たまに使う、という人ですら相当少ない。
これで勝負するのは、自信がないのでしょう。(めっちゃわかります)
私はなかなかの希少種と思われます。
そんなこともあり、ときたま教室にて「5の5」を扱った
講義をさせていただくこともありました。
驚きや新鮮な気持ちを以て、たくさんの方に見ていただきました。

なぜ5の5しかやらないのか。
それは、自分の囲碁の見方に5の5がピッタリ合うからです。
自分の力が一番出る碁、自分がもっとも楽しいと思える碁。
流行とかマネとかじゃなく、それをつかむのが「囲碁を打つ」ということの大きな目的、到達点ではないか。
その見方をいろんな人にお伝えするには、どうしたらいいだろうと常に思っています。


そこで今回、企画しました!

「5の5会」
5no5.png



毎回ゲストを呼び、関との公開対局をしてもらいます。
しかも、打ちながら頭の中身をさらけだして、解説する
石と思考がリアルタイムで結びつく、新しいタイプの公開対局です。

初回 7月15日(日) 13:30~17:30 (別に何時まで居てもいい)
ところ:初台囲碁クラブ
ゲスト: 井場悠史
(今年のアマ名人東京都代表・インストラクター)

おとな3000円 小人(高校生以下)1000円
指導碁:参加者限定価格500円(1局)

前半に公開対局、後半に指導碁・フリー対局タイムです。


5の5のこと、いっぱいしゃべります。
棋力は関係なし、級のかたもお楽しみいただけます(^O^)
5の5を打たない人にも、役立つものになるはずです。
ぜひ、指導碁と対局で5の5を試してみてください!
いつもと違う角度から、囲碁を味わうような感覚になるかもしれません。
とはいえ、押しつけるのは嫌いなんで、打ちたいように打ってください笑

開催は2ヶ月に1回が目標です。
ゲストは、自分より強いか、自分と同じくらいの力の人を呼びます。
初回の井場さんとは、昔に棋士修行をともにしていましたが
常に自分より一歩二歩、先にいたような気がします。
私が頭の中をのぞきたい一人です!


まさか初の公開対局が、自分の企画とは!
予約不要ですのでぜひお越しください\(^_^)/