2016年は・・・いろいろあったなあ

こんばんは、お久しぶりです。関翔一です。

2016年、ことしもお世話になりました。
ほんとうにいろいろなことがあった。

2月からは、囲碁サロン渋谷の「囲碁の鉄人」
4月からは「ここから囲碁するアート」を作り始め
11月・12月に個展、同時に本も発売
どきどきする出来事があいついで訪れました。

普段のお仕事、インストラクターと教材作りも含めて
ほぼすべての時間が囲碁に満たされていました。

これだけ囲碁ばっかりだと、逆に苦しくなるような気もするのですが
わたしを支えていた原動力は、
「囲碁をもっと自由に、もっと面白くしたい」
ということにあったと思います。

いままでの囲碁に満足出来ない、もう好きにやらせてくれ。
以前から思ってはいたものの、
今年はそれを表現したり、実践したりできた年だと思います。
(逆に、個人戦の大会は一回だけ、局数わずか3局だけだったり・・・)

ご注目いただいたり、ご支援いただいたかたに、本当に感謝申し上げます。
ありがとうございました!


新しく始めたことが多く、自分自身もちょっとずつ変化して
うまくいったことも多いので、忘れられない一年になりました。
しかし同時に、動きすぎて、体と頭がついていかなかったのも
自分のいまの限界だと思います。

来年は、もうちょっとゆっくりに。
そしてさらに楽しいことを、
余裕たっぷりにやっていくのが目標です。

みなさま、ありがとうございました!

tha.jpg

スポンサーサイト